« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月22日 (火)

しまなみ海道、今治~尾道 81km(2日目編)

 シルバーウィークを利用して、しまなみ海道を1泊2日で満喫中。

泊ったのは、ポートサイド今治。ビジネスホテルっぽいのが逆に良い。

Dscn0867

 特に良いのは、自分の自転車を部屋に保管できるところですね ( `ー´)ノ

拭き掃除くらいなら、まったりできますよ!

Dscn0865

 洗濯機と乾燥機も館内完備なので有料ではありますが

サイクルジャージなんかを洗えるので荷物の削減になりますよ (^^♪

 

さて、2日目は、尾道へ帰りますが大島と生口島は、北ルートで行こうと思います。

軽い朝食を済ませ、AM7時、いざ出発!

 

Dscn0871

 人にほとんど会わずに今治から1つ目の橋、来島海峡大橋まで来ました。

空気がひんやりして気持ちが良い (´▽`*)

 

そしてこの橋、1日目編でも少し触れましたが3連つり橋です。

Dscn0874

 その連結に使われているのが巨大な橋脚であり、それを支える小島です。

小島の中で、なんとエレベーターで降りる事の出来る島があるんです。

その名も、馬島!

小さな集落があり、自動車も数台あって列記とした馬島インターチェンジです。

 

 このエレベーターは、少し見つけにくいので、島に降りてみたい場合は

来島海峡大橋の馬島上に差し掛かった時、辺りを見渡してください。

 地下歩道の様な入口とトイレマークがあるはずです。

地下?でもないけど地下歩道を歩けば、その先にエレベーターがあります。

Dscn08812

 ガラス張りのエレベーターで、ちょっとしたアトラクション気分が味わえる。

人と自転車と125cc以下のバイクまで一緒に乗れます。

 

Dscn0878

馬島でプライベートビーチ気分!

 

Dscn0876

 馬島トンネル。

誰も来ないので、トンネル内で大声で歌えますよ (^0_0^)

 小さな島なので、あっという間に回れてしまうので直ぐに

来島海峡大橋へ戻りますが、エレベーターまでは、やはり上り坂ですぞ!

 お帰りは、3階のボタンを押しましょう。(分かりにくいのよ)

 

Dscn0884

 目下に見えるのが、先程の馬島です。

地下歩道の閉鎖的な空間から、一気に瀬戸内の絶景が広がる様は

胸がスカッとします (*'▽')

 

Dscn0885

 大島に降りる途中のヘアピンカーブ。

登りもあるけど、横Gを楽しめるコーナーも沢山あるので楽しいですよ

でも、ファミリーや初心者カップルなどフラフラ走っている人も居るので注意!

 

Dscn0887

 椋名みなと公園付近の浜辺。

海流が速いためか、どこも砂浜の斜度が急なんですねぇ。

 

Dscn0889

 大島の西に浮かぶ津島。

海流が凄くて今にも渦を巻きそうです。

 渦潮と言えば鳴門を思い浮かべるでしょうけど、しまなみ海道でも発生します。

所々の港から、渦潮や激しい海流を間近で見えるクルーズ船が発着していますので

お時間があれば、体験してみてください。

私は、ボッチなオジサンでサイクルジャージだったのでやめときました (=_=)

 

Dscn0891

 津島を通り過ぎた頃に見えてくる造船所。

あいえす造船と書いてあったんですが、こんな感じの造船所が点在していて

写真では、伝わらないかもしれないけど、建造中の船がデカくて大迫力 ( `ー´)ノ

Dscn0893

こちらも、カラフルで巨大な船。

Dscn0896

 よその造船所の敷地内に置いてあった古びたクレーン。

朽ち果て方が、芸術の域に達しています (=゚ω゚)ノ

 

Dscn0897

伯方・大島大橋。2日目の天気も最高!

 

Dscn0898

 マリンオアシスはかた。

1日目も寄ったけど人が集まってるから、ついつい寄ってしまった。

私好みの酸っぱめ、でこたん100%ジュースでリフレッシュ!

 

Dscn0899

 1日目に撮り忘れた、大三島橋。

しまなみ海道では珍しい、アーチ形の橋です。

バイクと並走する橋なので注意が必要です (*´з`)

 

Dscn0901

大三島橋も美しいですね。

 

Dscn0906

多々羅大橋と生口島、そして海と空の配色がステキ (^^♪

 

Dscn0909

 サイクリストの聖地記念碑の丘の上にある、しまなみコーヒー。

Dscn0912

 ゆずスカッシュがメチャクチャ美味かった。

目下には、多々羅しまなみ公園が一望できますよ。

 

Dscn0914

 多々羅大橋の支柱。

支柱の真下には、多々羅鳴き竜ってのがあって、備え付けの拍子木を叩くと

支柱が音叉の様に共鳴する不思議な現象を体験できます。

 

Dscn0913

 多々羅大橋の生口島側。

しまなみ海道を走るサイクリスト達が豆粒の様に見えます・・・ずっと見てられる。

 

Dscn0916

 瀬戸田町観光案内所のオブジェ。

さすがは柑橘天国な感じです。

 

Dscn0919

 しまなみドルチェ耕三寺前店。

本店は、大混雑と言われているので耕山寺支店で堪能。

座るところが無かったのが、ちと辛い・・・でも、美味しかった。

 

Dscn0920

 お腹が減ったので食べ物屋を探しながら走っていたら

因島を通り越して向島まで来てしまった。

 向島で見つけたお好み焼き屋、いなり食堂。

おばちゃんが大きな鉄板で美味しそうなお好み焼きを焼いている。

 注文は、ソバかうどんを選び、具材を全部入りから餅を抜いた物を選択。

焼いてもらっている間、お話を聞いていると、ココでは

広島焼と言わず、尾道焼と言って区別しているそうです。

違いまでは聞かなかったが、ソバは焼くだけで敢てソースをかけていない様だ

 

 おばちゃんが「どうぞー」と言ってアツアツの尾道焼を持ってきた。

初見での印象は、デカい!直径30cmは有ろうか?

表面には、ソース・青のり・マヨネーズ・・・

口にほおばると、その厚みにもビックリした。最大で5cmくらいありそうだ。

ソースまみれでないので、サッパリした感じで、この量を軽く完食!

 写真が撮れなかったのは残念。

何故なら店内撮影禁止の掲示が有ったんです。

おばちゃん曰く、SNSやブログに写真を載せて欲しくないのだとか ('Д')

 若干、ルートから外れるが、いなり食堂は、満足食堂でした。

 

お腹もいっぱいになって、さあ帰ろう。

Dscn0921

日曜日限定の渡し船乗り場。

Dscn0922

1日目とは、違う渡し船で本島再上陸!

Dscn0923

色んな人、自転車がぎゅうぎゅうに詰め込まれてます。運賃は、人+自転車で110円!

Dscn0925

しまなみ海道は、これでおしまいか、もっと、楽しみたかった。また来よう!

 

 しかし、サイクリストの層の厚さには、驚かされましたね!

ロード・クロス・ミニベロ・ミニベロロード・リカンベント・タンデム

それにママチャリ・学生チャリ・キッズ・・・。

これだけのバリエーションが1日で見られるサイクリングコースは

ココだけなんじゃないかな (=゚ω゚)ノ

 

 如何でしたか?

はじめての、しまなみ海道だったので、あまり観光できていないから

情報量としては、乏しいけど、楽しいよって事は、伝えたいです。

因みに、このコースの獲得標高は、1500mです。

 

補足情報:しまなみ海道のお土産は、しまなみ海道でしか買えません

尾道駅やSAでは、もはや買えないと思ってください。

 

 1日目編は、この記事の前になりますので、お暇なら読んでください。

ではでは、読んでくれて有り難うございました。

 

| | | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

しまなみ海道、尾道~今治 85km(1日目編)

 私、だいぶお爺ちゃんになって来た気がしています。

そこで、生涯を全うする前に、念願のしまなみ海道サイクリングへ行ってきました。

 

 まさにシルバーウィーク初日、愛知県常滑市から5時間余りの軽いドライブ

広島県尾道市のコインパーキングにAM2時ごろ到着し仮眠。

 尾道スタートならココがお勧め!2日間でMAX1320円!

6台くらいしか停められないので早い者勝ち!

Dscn0774

AM7時頃から、しまなみサイクリングGo! ( `ー´)ノ

 1日目、約85kmのライドです。

1つ目の島、向島へは、渡し船でゆるゆると10分足らずのクルージングです。

Dscn0777

尾道大橋ってのは、あるけど自転車では危険らしい ( ゚Д゚)

 

島と言っても意外と都会なんですね。橋って偉大ですね!

Dscn0778

一応、サイコンにルートを登録してきたのでブルーラインと共にトレースします。

 

Dscn0784

 向島の西ルートを10kmくらい走ると因島大橋です。

一つ目の橋という事もあって見えた時は、感動物でした。

 

Dscn0786

車道の下を通る面白い構造です。

 

Dscn0794

 2つ目の島、因島。

しまなみビーチかな?まだ時間が早い事もあって景色を独り占めです!

 

Dscn0795

因島も西ルートで11kmくらい走ると生口橋です。カッコイイ橋ですね!

 

Dscn0797

 3つ目の島、生口島。

橋を降りてすぐ左手の生口橋記念公園です。景色が大迫力!

 

Dscn0799

この辺りから見える景色は、ゆめしま街道と呼ばれる弓削島などの島々です。

 

Dscn0803

生口島の南ルートを25kmくらい走って多々羅大橋が近付いてきました。

 

Dscn0805

広告クッション材でぶつかっても安心!?

 

Dscn0807

 生口島は、レモンの島。

ここ一帯のレモン畑は、まだ青かったけど熟して来たら綺麗なんだろうね (^^♪

 

Dscn0808

県境を通る世界最大級の橋、多々羅大橋。

県を跨ぐだけなのに恐縮しちゃいます。(*´Д`)

 

Dscn0810

 4つ目の島、大三島。

橋のたもとすぐに多々羅大橋を望める展望台があるんですが・・・最高!

ココからは、今治市上陸です。

 

Dscn0820

 ああ、やってしまった定番フォトスポットでの恥ずかしい行為 (*´Д`)

皆がやってるから自分はやらないぞ!って思っていたはずなのに・・・この写真

実は、途中で仲良くさせてもらった女子大生に撮ってもらったモノなんです。

ブルーのトレックが素敵でした、ありがとう。

※ 太いオッサンが写真の背景を台無しにしている事をお許しください。

 

Dscn0824

 道の駅、多々羅しまなみ公園での一時。

レモンソルベなソフトクリームが火照った体に染みわたります。

 

Dscn0825

丁度、ルートも真ん中あたりですね。天気にも恵まれホントに楽しいです。

 

Dscn0830

 大三島橋の写真を撮り忘れ、5つ目の島

伯方島のマリンオアシスはかた、まで来てしまった。

伯方の塩ラーメンが景色とはミスマッチだが、かなり美味しかったです。

 

Dscn0832

 この場所は、何を隠そう見近島って言います。

キャンプ場しかない孤独な島。自転車・歩行者・125cc以下のバイクだけが

入島を許された秘密・・・でもないけど、とにかくそういう島なんです。

 伯方橋と伯方大島大橋を一つの橋の様にこの見近島で繋げているんですね (*'▽')

降りれば絶景を見られますが帰りは、激坂必至です。

 

Dscn0835

 6つ目の島、大島。伯方大島大橋のたもとで休憩。

橋毎で絶景を望める小さな公園が点在しているのも良いですね。

ファミリーなどの方は、いい休憩スポットになりますよ。

何故なら、橋は高い所にある→登らないといけない→6ヵ所も橋を渡る→疲れる ((+_+))

 

橋へのサイクリングロード、言わずと知れた登り坂です。

Dscn0836

 各橋の高さは、差はある物の50m前後あります。

50m×6ヵ所で、橋だけで獲得標高300mです。

それに加え、島内にも坂道は有り、今回のコースでは、獲得標高2000mにもなります。

 

Dscn0839

 大島南ルートを走る事20km。

来島海峡大橋が美しく見える、道の駅よしうみいきいき館で小休憩。

Dscn0840

 ループ橋で楽に登れる工夫がされている。

さすが、官民一体となって建設されたサイクリングロード (^_-)-☆

 

Dscn0844

 来島海峡大橋って実は、3つの大吊り橋が連なった物なんだそうだ。

こんな、すごい物を建設できるなんて携わった人たちには、頭が上がりませんね m(__)m

 

Dscn0845

橋からの景色は、車では絶対見られない素晴らしい物です。

 

Dscn0851

 来島海峡展望台まで来ました。

なかなかの激坂でしたが、ご褒美に飲む柑橘ゼリーを一つ (^^♪

 

Dscn0852

 サンライズ糸山サイクリングターミナルからの景色も素晴らしい。

でも、ちょっと曇ってきましたねー (*´Д`)

 

そして、今治市駅前。

Dscn0853

 ここが、しまなみ海道の起終点なのかな?

分かりませんけど、記念にパチリ!

 

Dscn0855

 今治まで来たなら、今治城は、見ておきたい。

戦国の世に、藤堂高虎が築いた平城、城って普通、山の上のイメージだが・・・

これでは、簡単に落とされてしまいそうだ (*´Д`)

 

Dscn0856

 堀の広さで侵入を防いでいたのかもしれないですね。

平城と言うのもカッコいいものだね (^^♪

 

Dscn0861

 宿に入る前に自転車カフェ(ナカムラコーヒー)で一休みしよう!

Dscn0858

これ名前は・・・なんだっけ? とにかく疲れた体には最高でした。

Dscn0859

 店内も、オサレ&くつろげました。

店主さんは、ラレー。奥さんは、ジャイアント!に乗ってる

理想的なライフスタイルですね!

 

Dscn0867

 今日のお宿は、ホテルポートサイド。

続きは、しまなみ海道、今治~尾道81km編を是非ともご覧ください。

 

| | | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

最大勾配30%以上“はなちゃん坂”を登ってみた。

 今日は、超絶斜度の“はなちゃん坂”へ行ってきました。

 いつもの常滑からのチタイチですが途中寄り道して

河和口駅横にある、激坂で有名な“はなちゃん坂”を登ってみました。

 

 まずは、かっぱの花ちゃん像まで来てキョロキョロ

Dscn0762

 昔は、こんなにカラフルじゃあなかったのに

暴走族にスプレーで落書きされ(諸説あり)

消せないので上から色を塗ったようです。

 

この、はなちゃんから西へ目をやると

Dscn0763

名古屋鉄道の河和口駅があって

更に右へ視界を移動すると

Dscn0764

はなちゃん坂が見えます。

早速行って見ましょう (=゚ω゚)ノ

Dscn0766

はなちゃん坂、入口付近

既に10%位ありそうです (*´Д`)

Dscn0769

 3分の2くらい登ってきました。

もうフラフラです。

 

 実は、ここ迄くる直前、足つきしました (*´Д`)

雨上がりだった事と路面の隅の苔を踏んだ事で

トロトロダンシングするもトラクションが抜け落車寸前で

足を付きました ((+_+))

 

もっと、中央を走れば大丈夫だったのかもしれない・・・。

蛇行しながらでも登ろうとしたけどココロ折れ自転車を押しての登頂!

Dscn0767

 途中グレーチングもあって単調な直線ながら戦略が必要だと思いました。

蛇行するも路面のスリットにタイヤがハマりそうで難しかったぁ

完全に路面が乾いてる日に再チャレンジしたいと思います。

 

下りも、怖くて歩いて降りました (´▽`*)

Dscn0765

 降りた所で、はなちゃん像の背中を見てみた。

女の子なのに、申すって変な言葉遣いだね (*'▽')

 

 この先は、いつもの通り羽豆岬を回り

伊勢湾側を常滑へ北上しました。が

 土砂降りに見舞われ自転車はドロドロ、靴はグショグショ・・・。

Dscn0770

 雨も止んだ頃に、卵スイーツや食事で有名な“ココテラス”で休憩。

Dscn0771

 外の移動カフェ“ココチヤコーヒー”で

“とこにゅうコーヒー”をアイスで注文。

どうやら、常滑牛乳を使ったカフェオレのようです。

結構、コーヒー感有って美味しかったなぁ

 

 激坂、はなちゃん坂はどうでしたか?

長さは、200m程度なので短時間でサクッと遊べますよ (^^♪

乙女と言われようとも34T欲しい・・・。

 

| | | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »