« 105アウターをDura-Ace_55Tに交換 | トップページ | 知多半島プチグルメ&人間魚雷震洋基地跡ライド »

2020年5月31日 (日)

四谷の千枚田&望月街道終点、新城市探訪ライド70km

今回は、久しぶりの遠征。

とは言っても、コロナ自粛の手前、県内での移動です。

マイチャリを車に乗せ、やって来たのは、新城市。

新城総合公園の南駐車場スタートです。

獲得標高1357mという事で、なかなかのヒルクライムが待っております。

 

朝7時、清々しい空気の中、まったりスタートです。

Dscn0353_20200531081601

新城総合公園と言えば、全日本ラリー選手権で有名ですね

 

国道257号を北上し、四谷の千枚田を目指します。

Dscn0418

豊川の橋を渡ってすぐに、ヤギさんがお出迎え

ひょっこり顔出しが、可愛い (^_-)-☆

 

深い山間を練りゆく国道257号

Dscn0412_20200531082401

トラックが多めなので路側帯の狭い所では、注意が必要です。

 

長楽交差点を右折し県道436号の田舎道に突入!

Dscn0357_20200531091701

道路脇には、お地蔵さまが立ち並んでおります。

この辺りから登り調子になってきます。

 

四谷の千枚田、入り口に到着 (=゚ω゚)ノ・・・あれ、そんなに坂がキツクなかったような?Dscn0366

カーブミラー越しに自撮り・・・おっと、凸面鏡のおかげで少しスリムになれました ;つД`)

Dscn0362_20200531091701

雄大ですねー。ヤッホー!(^O^) これをやると世代がばれますよ (´-`*)

まだ早いので観光客も、まばらです。

Dscn0363_20200531091701

11人もの犠牲が出た土砂崩れの後にできた千枚田

何も知らずに、「わーきれー!」とか言ってるとバチが当たりそうです。

 

「わーきれー!」って思ってると、一人のおねーさんが私の tern を見に来てくれました。

彼女のバイクは、グリーンの差し色が綺麗なフェルトのロードバイク

地元のサイクルチームに所属しオシャレなチームジャージを着こなしていました。

Dscn0378_20200531094401

一緒に上の展望台まで登る事になり遅い私を引いてくれました (^^♪

千枚田から展望台までが真のヒルクライムという事か・・・納得のキツさです。

途中の つづら折で休憩。

 

因みに、千枚田入口から展望台までの高低差は、約200mです。

ここから、さらに勾配が上がるようです。30Tの乙女ギアが唸るぜ (*´Д`)

Dscn0379_20200531100001

登ってきました。展望台です・・・が

新型コロナで立入自粛の看板があり、ここ迄です。

 

軽トラが沢山停まっているのは、大規模な草刈りをしているからで観光客ではありません。

ヒルクライムを引いてくれたお姉さんとは、ここでお別れです。

「ありがとー、おきをつけてー!」 (@^^)/~~~

 

来た道を戻り道中の風景を再度楽しみます。

Dscn0400

この時期は、棚田に水が張られ田植えが終わった頃なので、お百姓さんの仕事も

一段落って所でしょうか?とても静かで野鳥のさえずりしか聞こえません (^^♪

風も無かったので、田んぼに映った青空と雲がとても美しい。

Dscn0409

近くの田んぼに目をやるとアメンボや見た事もないトンボが沢山 (*'▽')

Photo_20200531103401

童心に帰りますね (#^^#)

 

さて、四谷の千枚田を後にし、いったん戻ります。

Dscn0413

とある橋から国道を逸れると、なんとあの妖怪が!

アマビエ様です。看板屋さんならではの

粋な映えスポットが新型コロナウイルスに一喝 ( `ー´)ノ

Dscn0414_20200531082401

突如現れる、ナイアガラの滝。

長篠堰堤余水吐と言う所で水力発電所の一種らしいです。

 

新城総合公園前まで戻り、次は、東へ向かい望月街道へ向かいます。

Dscn0426_20200531104401

JR飯田線と宇連川に沿って伸びる望月街道、絶景の連続でワクワクが止まりません!

 

でも、お腹が減ってきました。少し早いですが三密を避ける意味でも昼食にしましょう。

Dscn0432

峠茶屋風のまつやさんで昼休憩です。

Dscn0430_20200531143101

頼んだのは、アツアツの五平餅。

丸っこい形で甘辛のタレがクルミ?と相まって何個でも食べれそう (*'▽')

お外の、ベンチで食べましたが、店内にも座敷が沢山ありました。

昔ながらのブリキのおもちゃや懐かしのお菓子まで

昭和感を押し出した造りで良かったです。

 

お腹も満たされ、まったり行きましょう (#^^#)

湯谷温泉郷を越え走っていると

Dscn0441

JR飯田線の列車が、静かに走っていきました。

Dscn0438

なんかすごいトンネルです。

どうでも良いけど、中に蛇が死んでて、踏んでしまいました ( ゚Д゚)

Dscn0436

今度は、すごい岩が転がっています・・・どこから落ちて来たのか?流れて来たのか?

いずれにせよ当たりたくない物です。

Dscn0445

すごい物にも慣れて来ましたが今度は、架線まで張り出した絶壁です。

よく見ると、架線を支える張りが直接この絶壁にアンカーで固定されています。

当時の苦肉の策だったんでしょうね ( 一一)

Dscn0439

ここは、望月街道の終点。

大正時代の消防署が保存されています。

ここから折り返して帰ります。

Dscn0443

新緑の美しい初夏だからこその絶景がありますが

四季折々の新城を体験してみたいですね。

望月街道は、崖も多いためか、石ころが結構な頻度で落ちています。

パンクには、気を付けてスピードを出し過ぎず、楽しんでほしいです (*'▽')

ではでは・・・。

| |

« 105アウターをDura-Ace_55Tに交換 | トップページ | 知多半島プチグルメ&人間魚雷震洋基地跡ライド »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 105アウターをDura-Ace_55Tに交換 | トップページ | 知多半島プチグルメ&人間魚雷震洋基地跡ライド »