« 春爛漫、知多半島90kmライド | トップページ | 非三密、常滑から時計回りお手軽チタイチ80km »

2020年4月11日 (土)

初代 tern surge カーボンフォークで474g軽量化

今回は、我、surgeさん最大級のアップデートです。

標準装備のアルミフォークがダサくて少しコンプレックスでした😞

Img_20200409_200332

兼ねてからの野望であったカーボンフォークを装着できる日がやってきました。

 

実は、かなり前から他店で取り寄せをお願いしていた物がようやく届いたのでした。

それが“Tern × Kitt design SMI 368 FULL Carbon, Aero-straight fork / 3K matt”

フォーク換装に伴い、以下の2つも購入。

・105_R7000 フロントブレーキ

・カーボンコラム用コラムアンカー

 

当初は、自分で交換するつもりでしたが

コラムを綺麗に水平垂直に切る自信がなく道具を買うくらいなら

ショップに頼もうと考えました。

 

ブレーキを交換する理由は、アルミフォークに付いていた

標準ブレーキ(その後、105)は、主軸の短いリアブレーキを

フォークの形状上、フロントに流用していたからで

新しいカーボンフォークは、surge専用設計なので

フロント用がポン付けできます😃

 

取り付けて頂くのは、時々お世話になっています。

“ユーロード・バイシクル”さんです。

勿論、互いにマスクをしてエチケットを守ってのやり取りをしました💦

Img_20200411_155550

特筆なのは、部品持ち込みOKの数少ないショップさんという事です。

今回も、カーボンフォークとアンカーの持ち込みです。

ブレーキのみショップ購入。

 

前日夕方預かりで翌日15時ごろ仕上がり連絡をいただきました。

速やかに自宅へ持ち帰り各部をチェック😃

Img_20200411_174300

太く力強い印象がありますね

太いフィン型ダウンチューブにマッチしています。

 

Img_20200411_175945

標準ブレーキは、ロングアーチだったため

標準アルミフォークで105を使うと延長フネが必要でした。

私は、“BOMA”の5mmオフセットカートリッジを使っていました。

カーボンフォークでは、延長フネも要りません

リアブレーキは、今でも必要です。

 

Img_20200411_174917

標準アルミフォークの重さは、1009g

カーボンフォークの重さは、535g

474gの軽量化ですね⤴⤴

 

Img_20200411_175651

次のライドが楽しみです。

しかし、あれですね

こういうのって自己満足っていうか進化の過程が楽しいっていうか

正直、真の目的であるダイエットとは、真逆な行為ですね💥

 

| |

« 春爛漫、知多半島90kmライド | トップページ | 非三密、常滑から時計回りお手軽チタイチ80km »

ミニベロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春爛漫、知多半島90kmライド | トップページ | 非三密、常滑から時計回りお手軽チタイチ80km »